洋画のセリフが聞こえたワクワクにも
だんだん慣れて
気がついたら字幕が要らなくなってました。

暗記に頼らなくても英語は身につく

英語学習を面倒に感じさせるのは何だと思いますか? 暗記ではないでしょうか?

暗記に頼らない、【聞き流すだけ】の英語学習法がすごく人気です。 【聞き流すだけ】なのに4人中3人が成功を実感したそうです。

その方法とは、聞き流すだけの英語教材【スピードラーニング】です。

スピードラーニングは、学習ストレスが最小限で、気軽に続けられます。 勉強嫌いにも喜ばれています。

スピードラーニングは、英語に続いて日本語が収録されているので、調べる手間がありません。 英語だけのリスニングと違い、「分からないというストレス」や「退屈さ」もありません。 気軽に楽しく聞き流す事ができます。

「聞き流すだけ」だと不安に感じる人も要るようですが、ムリに暗記しようとしたり、理解しようとしたりしないで、聞き流したほうが、楽ですし効果もいいようです。

【聞き流すだけ】というスタイルなので、生活に与える影響も最小限です。 英語の学習に時間を作る必要はありません。 時間を 見つける だけです。

例えば、家事をしながら、ウォーキングをしながら、散歩しながら、通勤・通学・移動時のバスや電車で、子供と遊びながら、ドライブのBGMとして、就寝前の布団の中、・・・時と場所を選ばずに英語のトレーニングができます。 忙しい人にも喜ばれています。

ライフスタイルが変わらないので、案外、英語が身につくまで、英語の学習に気づかれないかもしれませんね。

あの話題の若手プロゴルファー・石川遼選手も、スピードラーニングを愛用しています。

「スピードラーニング」 公式ホームページへ


話題の若手プロゴルファー・石川遼選手もスピードラーニングを愛用。
期待のプレッシャーもなんのその 結果を出し続ける石川遼プロ。
忙しい石川遼プロの英語学習を支える スピードラーニング です。

使える英語と学校の英語
学校で成績が良かったのに英語が使えていない人、周りにいっぱいいますよね。どうしてでしょうか?使える英語はどうしたら身につくのでしょうか?英語は日本語に訳さず、英語のまま使えるようにならないと、なかなか使いこなせません。英語にもっと慣れることが大事なんですね。

英語を学ぶ順序
英語に限らず言葉の習得は「聞く→話す→読む→書く」という順に覚えるのが自然です。英語の習得で最初の「聞く」というステップは意外にすごく重要です。学校英語が「読む」「書く」を重視してきた関係で、「聞く」にあまり力を入れない人も多いですが、英語を使いこなしている人は「聞く」というステップもすごく大事にしています。

体調が悪いとき
海外などで、ことばが通じなくて困るときといえば、体調を崩したときもそうです。海外って慣れない環境のためか、体調を崩すこともあります。そんなとき、適切に相手に状態を伝える事ができないと、さらに辛い思いをすることになります。体調には気をつけたいですが、そんなときにもコミュニケーションに困らないように準備したいものです。

聞こえたときの感動
何年も勉強してできなかった英語だけに、英語が聞こえたときの感動は大きいです。何気なく聞いてた英語がす~っと頭のなかに入ってきたときは嬉しさでワクワクします。とはいえ聞こえ始めは、調子がいいときと悪いときがあります。でも聞こえたという体験が、さらなる英語学習へのやる気になるのでした。

石川遼選手の英語学習法
人気プロゴルファーの石川遼選手は英語に関しても注目を浴びています。海外挑戦で英語の記者会見でも通訳なしでどうどうと受け答え。ジョークを混ぜるなど余裕もうかがわせます。ゴルフでも結果をだし、英語まで使いこなす石川遼選手の英語学習方法は【聞き流すだけ】でおなじみのスピードラーニングでした。

京都と英会話(英語)+アメリカ留学特集ものことについて.ナチュラルスピーカーと英会話のはなし|英語やりなおしに着目して.

英語の上達法!勉強嫌い派vs勉強したい派
どちらの上達法も 100万人以上が 利用した 【聞く力】を重視した 英語学習の定番! あなたならどっち?

勉強嫌い派なら
30分でも机に向かう なんて考えられない! 毎日勉強するなんて、たぶんムリ!
勉強嫌いだけではなく、時間確保の難しい 忙しい人、英語苦手、スクールで失敗した人、こっそり英語を習得したい人、などにも喜ばれてます。

あの話題の若手プロゴルファー・石川遼選手も愛用。 「ゴルフ」と「英語」の両立に スピードラーニングを活用してます。

【スピードラーニング】
↑↑ クリック ↑↑
暗記に頼らず 楽しく 英語学習

勉強したい派なら
机に向かうのも嫌いじゃない! 興味のあることなら勉強にも夢中になれる。
音声とテキストの組合せで、多面的に英語を学びます。 目標は1年で1,000時間聞くこと。(1日3時間程度)

やる気に応えるヒアリングマラソン。 あなたは ついていけるでしょうか?


↑↑ クリック ↑↑
やる気を 楽しく 実力に


英語no失敗

女性(20代)
 海外旅行で言葉が通じないのが悔しくて、英会話教室に通いました。 ネイティブの先生がいて、雰囲気もいい教室でした。 でも、積極的に話す他の生徒のように、なかなか英語が出てこなくて... 自分が恥ずかしくなって、続きませんでした。

男性(50代)
 近頃会社で海外の話題も多いし、いつ仕事で英会話が必要になってもいいようにと、英会話に挑戦することに。 有名な英会話教室に入りました。
 でも始めてみると、時間を作るのが大変で...。 ほとんど手応えを得られないまま 断念してしまいました。 残念です。

男性(30代)
 聞き流す「スピードラーニング」のCMを見て、もしかして! 「英語音声ならなんでもいいのかな」と勘違い。 英語の音声をいろいろ集めて聞き続けました。
 1ヶ月くらい続けましたがダメでした。 意味も分からない英語を聞き続けても、とにかく退屈。そして分からないことがストレスに。続けるのが嫌になって止めました。 時間をムダにしたようです。(汗)
 聞き流す英語は、何でもいい訳ではないようです。


英語と海外のお役立ちに

| TOEIC(ETS)ETS国連英検(日本国際連合協会)

英語と英会話

自動車の制度の歴史について自動車の制度の歴史のことについて.
| 通じる英語・英会話英語学習

ご意見・お問合せ等の連絡先についてはこちらのページをどうぞ

Copyright © 2007~2012 海外で通じる英語・英会話を簡単に学ぶ学習法. All rights reserved